医療脱毛をするときに気を付けること

医療脱毛は、皮膚科などのクリニックで受ける脱毛です。

医師がお肌と毛の状態を診察し、患者さん一人一人のお肌に合った脱毛ができるというメリットがあります。診察で施術が行えるということが分かれば、脱毛は看護師が行います。知識も技術もある医療技術者の施術なので、安心です。

基本的に、施術はスタッフが行ってくれるので、患者さんは特にすることはありません。しかし、受け身の姿勢で医療脱毛はやってもらうものだという考えでいると、せっかくの脱毛効果を発揮できなくなってしまいます。まず、医療脱毛の仕組みを把握しておきましょう。

医療用のレーザーを照射することで、毛根を壊して毛が生えてこないようにする施術です。皮膚へのダメージはほとんどなく、毛にレーザーは向って行きます。破壊する際に、熱エネルギーに変換されるので、一瞬熱いような痛みを感じることがありますが、我慢できないレベルではありません。

痛みが心配なときは、麻酔クリームを塗ってもらったり、中には冷却しながら施術する脱毛機を採用し、痛みを感じにくくしているところもあります。この仕組みを知っていると、注意すべき点が分かります。まず、レーザーは黒い色に反応するので、皮膚ではなく毛に向って行きます。

そのため、日焼けしてしまうと、毛と皮膚の差がなくなり、施術ができなくなってしまいます。お肌が極度に乾燥していると、せっかく脱毛しても効果が得られにくくなるので、保湿も心掛けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *