PRP血小板療法によるシワ治療

美容皮膚科や美容外科で受けられるシワ治療は、より体への負担が少ない施術が、人気となっています。

特に注入系の施術は顔にメスを入れないので、傷跡の心配も無く、何よりすぐに日常生活に戻れるという点が魅力です。注入系のシワ治療の中でも、最近注目を集めているのが「PRP血小板療法」です。PRP血小板療法は、自分の血液から血小板を採取し、これを肌が老化した部分に注入する事で、肌の若返りを目指す美容医療となっています。血小板を注入すると、その部分のコラーゲンや毛細血管を生成する、繊維芽細胞が活性化します。

繊維芽細胞の働きがアップする事で、コラーゲンの生成量も増加し、結果肌にハリや弾力が蘇るのです。自分の血液から採取した血小板を使うので、注入したとしても異物反応は起こりません。注入系のシワ治療には、ボトックス注射やヒアルロン酸注射などがありますが、このような施術に比べPRP血小板療法は、かなり体へのダメージが少ない施術と言えるでしょう。

施術を受けてから約20日から60日程度かけて、徐々に肌は若返っていくので、即効性はありませんが、自然な仕上がりになるのでシワ治療を受けた事を、周りに知られたくないという方にも、PRP血小板療法はお勧めです。施術後、1日から3日程度少し腫れは出ますが、腕の良いドクターであれば、ほとんど腫れは出ないと言われています。費用は平均して、約20万円から30万円程度が相場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です